格安SIMでテザリングする方法

普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、サービスのスペックとしての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

具体例として通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

さまざまなMVNOも同一のドコモ回線を使っているのにこの差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「帯域の太さ」と「設備の品質」とは会社によって異なるものです。

あなたが格安SIMに切り替えれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、MVNOだと月に1000円程度なんていう費用に。

ここはひとつ、プランニングしてみても良いかもしれません。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIMはちょっと不安という方や、メインで使っていける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、ドコモやauが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

docomo回線の事業者であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは実は使えないのです。

その場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

スマホやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、KDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。

?p=3033

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする