ソフトバンクのスマホで格安SIMを使いテザリングできるのか?

格安SIMを使うことができた場合、携帯電話料金を安くできます。

ソフトバンク等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、格安SIMだと月額1000円以下ということも。

一度、プランニングしてみても良いと思います。

大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、docomoの端末の場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、速度が低下しにくく、設備にきちんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。

データ通信が安くできる格安SIM。

月々1000円のものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、大手キャリアが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

iPhoneで格安SIMを使い人はいると思います。

ドコモの回線を使用している業者であればドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、できればSIMロック解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

したがって、スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

さまざまなMVNOも同じドコモの回線を使用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

「太い回線帯域」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする